So-net無料ブログ作成

あれっ?あんた、誰やったっけ? [祖母]

今月初めに祖母が入所している老人ホームで敬老会がありました。
家族も招待され、母と一緒に参加。

祖母の近くに寄って行くと
いつもすぐに気が付いて私の名前を呼ぶ祖母が
こちらを見ているのに反応なし[目]

いよいよ祖母の前まで行くと

「あれっ?あんた、誰やったっけ?」

初めてのことに私もちょっと狼狽えました。[がく~(落胆した顔)]

「ばあちゃん!わからん?」と聞くと

祖母はハッとしたようで、慌てて私の名前を呼ぼうとしているようでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

すぐには名前は出て来ませんでしたが
私だとはわかってくれたようで、ちょっと安心しました。

私がわからないのと
私だとはわかっているけど名前がでてこない
とでは随分違います。

名前は出てこなくても
私だとわかってさえいてくれたらいいんです。


でも、これから、少しずつ私のことも忘れるんだろうな~
そう思ったら、ちょっとさみしくなりましたが、
そんなこと考えてもしかたありません。


忘れられても、私のはあちゃんです。
祖母と孫の関係は変わらないんです。
わかっている方がわかっているように接するしかないんだと思いながら帰りました。

その後、面会に行くと
ちゃんと私の名前を呼んでくれました。

名前を呼んでもらうだけでホッとする。
ありがたいな~と思う。

なんだか祖母が愛おしい今日この頃です。




共通テーマ:日記・雑感

祖母のこと(続き) [祖母]

見えない誰かに打たれ
とぎれとぎれの記憶に自分を見失い
言いようのない不安に潰されそうになった祖母

時には暴言を吐き
時には人をたたき
時には奇声を発する

自分が今どこにいて
何をしているのかすら分からず

自分が誰なのかも・・・

自信をもって答えられない

私の名前を何度も確認する
「私の孫よね!」と関係を確認する

自分自身の名前も確認する
年齢を確認する

少し安心したのか昔話をはじめる
何度聞いたかわからない少女時代の話

嫁いで60年以上にもなるというのに
祖母の頭に浮かぶ風景は10代の少女時代を過ごした
実家の周りの風景

家の裏にある木の話
家の前に広がる海の話
その方向に見える神社の話
お墓の話
次から次に出てくる人の名前
あの人はどうしているかな~?
とうの昔に亡くなった人の安否を気にする

この前お墓参りに行ったとのことで
そこで会った人の名前を私に教えてくれる
久し振りに会ってこんな話をしたとも言う
まるで本当に行ったかのように

祖母は時間と空間を自由に行ったり来たり

時にはそれに救われ
時にはそれによって不安をかきたてられる

時折、私の顔を見て
名前を確認して
また話し出す

よほど話を聞いてほしかったのだろう

次から次に出てくる話に耳を傾けていると
あっと言う間に1時間が過ぎました。

やっと祖母の顔が穏やかになって
帰らなくていいのかと私を気遣う

「じゃ、そろそろ帰ろうかな?
ちゃんと寝らんばよ!ちゃんと食べんばよ!」
そう言うと
「わかっとるよ!ありがとう。」と祖母の口から答えが返って来る

その日は一日意思の疎通が難しかったらしく
私とのやり取りを聞いたホームの職員さんから
「ちゃんと会話になっとる。」と安堵の声が漏れる

その日、私に電話をくださったのは
ホームの看護婦さんでした。
夫の友達のお母様で個人的にも親交のある方です。
「職員で対応するのは可能だけれど
おばあちゃんのためにも身内の人が話を聞いてあげた方がいいのでは・・・?」
と私に電話をくださったのです。

いつも祖母のことを考えてくれて
優しく見守ってくださっています。

祖母は本当に恵まれた環境にいるな~と感謝しています。

それから3日・・・
まだ不安定だったら病院に連れて行ってみようかな~?
と病院に行く準備をしてホームに向かいましたが
祖母もどうにかいつもの生活を取り戻すことができたようで
「病院には行かなくても大丈夫よ」と言っていただき一安心!


ソファーに座っている祖母に近づくと
「あら、久し振り!」と私に向かって手を振り
「この頃全然来てくれんやったね~。」ですって・・・。

先日のことはもうすっかり忘れていました^^;


nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祖母のこと [祖母]

11月1日
ある会社で社長さんと打ち合わせをしているところに
私の携帯が鳴りました。
祖母の入所する老人ホームからです。
社長さんに会釈して詫びながら電話を取りました。

もちろん祖母のことです。
このところちょっと情緒不安定で
特に今日は被害妄想などがひどく
どう対処してよいものやら困っているとのことでした。

打ち合わせを終え、家に帰るともう夕方[ふらふら]
老人ホームへ行ったのは
夕食の支度をしてからとなりました。

祖母はベットに横になっていて
私に気がつくととても喜んでくれました。
そして、今だと言わんばかりに
背の高い男の人にぶたれて怖かったという話を始めました。

妄想にちがいないのですが
「こんな風に・・・」との説明には臨場感があります。


     ~ つづく ~


共通テーマ:日記・雑感

オータムフェスティバル [祖母]

昨日は、祖母が入所している老人ホームの秋祭りでした。

母と子ども二人、そして私の4人で参加[かわいい][かわいい][かわいい]
踊りや太鼓の出し物やカレー・焼きそばなどの模擬店で大賑わいでしたよ~。

フラ.jpg


風神.jpg


みんなで.jpg


数え切れないほどの出し物がありましたが、見るのに夢中で
思い出したように“パチ!”っとやっただけでほどんど紹介できなくてすみません^^;


ゲームもあって、Yuki も参戦しました[パンチ]
ゲーム.jpg

風船を空気入れで膨らませて割るというもので、Yuki 達はチームは2位!
参加賞のおかしにYuki は大満足でした[わーい(嬉しい顔)]


最後のお楽しみ抽選会が終わると、もう午後3時
11時の開会から4時間
祖母と一緒に賑やかな、そしてゆったりした時間を過ごすことができました。

祖母はKirara やYuki のことはほどんど忘れているようで
何度も何度も「この子は誰?」と聞いてきます。
答えるたびに、「あ~そうやった。」と思い出して、すぐに忘れて^^;
それでも、私のことはまだちゃんと覚えているからいいかな?

「あなた誰?」なんて言われたらきっとショックです[がく~(落胆した顔)]

忘れられないようにちょこちょこ会いにいかなくちゃ[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

抽選会ではお米やお酒(ブルーベリー酒ですって)が当たりました[手(チョキ)]


暑い暑いと思っていたけれど
季節はもうすっかり秋!
近所の空き地もコスモスで一杯です。

コスモス.jpg

関係者の方々のおかげで楽しいオータムフェスティバルでした。
感謝!m(_ _)m


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

実は、別のところで開催される中国の方々との交流会に参加することになっていて
この秋祭りには参加できないはずでした。
だけど、尖閣諸島問題の関係で交流会が中止になったもので参加できることになったんです。
祖母も喜んでくれて、秋祭りに参加できてよかたけれど、日中関係の悪化はとても悲しいことです。

季節は秋ですが、日中関係が秋から冬へと突入しないように祈る私でした。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。